ひとくちメモ 25
被覆内断線に注意

「注意一秒、怪我一生」といいますが、そのとおり、頭では危険をよく承知していながら、ついうっかり初歩的な失敗をやらかすことがあります。だいじな本番演奏が近づいてきているときなら、修理が間に合わないかもしれません。

ユーザーの取り扱いミスによるトラブルの典型が被覆内断線です。誰かが電子楽器の傍を通るさいにコードに足をひっかけて強く引っ張ってしまった、あるいはコードがつながっているのを見落としたまま楽器を動かそうとして、キュッ!  ああっ、と思ったときには、もう手遅れです。

被覆電線を強く引っ張ったり、特定箇所を繰り返し曲げ伸ばししていると、外見上はなんともなくても、芯線が切れるおそれがある、と昔からよく理解されており、コイルスプリングやゴムの筒で曲げの一点集中を防ぐ工夫がなされているのですが、何をやってあっても万全ではありません。21世紀の現在でも、ユーザーが弱点をよく心得、負担をかけないよう注意深く扱うことが求められています。

左の例では電線の通し穴にはゴムのブッシュが嵌められています。矢印の一点に力がかかりやすいので、強く引っ張らないように注意するのはもちろん、ここで電線を曲げることも極力避けるようにします。

経験上失敗しやすいのは演奏が終わって後片付けをするときで、早く済ませようという気の焦りからつい粗雑に扱ってしまいやすいものです。

次の画像で示す例(これは楽器の仲間ではありませんが)では、ゴムの支えをつけて一点集中を防いでいるかにみえますが、じつはゴムの支えが頑丈に出来すぎていて曲がるのを嫌がり、一方電源コードのほうは大変しなやかで、あっさり自分のほうから折れてしまうため、結局は矢印の一点に負担が集中します。

はたしてその場所で電線が弱りかけているのに気づきました。電源コードがそこでだけ妙に軟弱になっているのが手応えでわかります。
ビニール・テープで巻き上げて適度に補強しました。これは補強前の姿です。


相談室に戻る           HOME