ひとくちメモ 26
最近のジャックは弱くなっている


ジャックというのは、ヘッドホンなどのプラグを差し込む先、受け側の部品です。

数十年前のジャックは金属製。それを鉄やアルミの板にナットで締めて取り付けていたので、たいへん頑丈で、ヘッドホンのプラグにうっかり膝を引っ掛けてしまったりしても、まず壊れませんでした。よほど力が入ってしまった場合はプラグの軸が曲がったり折れたり、あるいはコードを強く引っ張ってしまうとプラグの中で電線がちぎれたりで、ジャックのほうはとにかく平然としていたものですが、この頃はそれがすっかり逆転して、プラグのほうがなんともなくて、ジャック部品が壊れているのを多くみかけるようになりました。

それは現代のジャックの多くがプラスチックのモールド部品に変更されていて、それが回路基板に数箇所のハンダ付けで取り付けられているからです。昔は「部品の固定」と「配線」を別々にやっていたのが、配線のためのハンダ付けが同時に部品の固定を兼ねるようになったわけです。

「材質」、「構造」、「部品固定」というすべての角度からみて、現代のジャックは脆くなっているという印象を持ちます。プラグに横から押し倒すような力をかけたときはもちろん、誤ってコードを横ざまに強く引っ張ってしまったという場合でも、昔と正反対に、ジャック部品が真っ先に壊れます。

壊してしまっても部品を交換すれば直るのですが、写真のように黒色のケースが割れて飛び、中の金属接片が剥き出しになった状態では、プラグを差し込んでも繋がらず、応急使用ができません。やはり最初から壊さないのがいちばんです。



相談室に戻る           HOME