ひとくちメモ 27
単純に、ネジが1本緩んだだけ

ネジ1本が緩んだだけで派手なトラブル、あるいは気になってしかたがないトラブルがおこることがあります。ここで例として示すのは、あるメーカーの、それもこれと同じ構造の鍵盤を持つ楽器にかぎった話ですが、もしこれに該当しているなら、たかがネジ1本をちょっとだけ増し締めして、ハイ、おしまい。このくらいの簡単な手当てに技術者を呼ぶことはありません。

まず全体像をご覧いただきましょうか。公園のシーソーのように木製鍵梃子が中央部で支えられていて、鍵を押し下げると、奥のもう一端がかわりに上がります。そこにフェライト磁石が金具で保持されていて、マグネット・リード・スイッチ(緑色の細い管)の鼻先で上下に動くことになります。マグネット・リード・スイッチは磁石を近づけられると、密封されたガラス管の中でスイッチが開閉するようになっている部品です。

フェライト磁石を保持する金具には木ネジが2本付いていて、1本は固く締められており、もう1本はわざと金属板を少し浮かしたところで頭を抑えるようになっています。なぜ浮かしているか? ネジの締め加減でマグネットの位置を調節し、他の鍵と発音点を揃えようというのです。(オルガンの鍵盤は、鍵を押し下げていくと、少し沈んだところで音が鳴り出します。たとえば行程の1/3くらいとか。それを発音点といいます)

このタイプの鍵盤では、稀ながら、以下のようなトラブルを経験することがありますが、深刻な問題に発展してからでなければ、ユーザーさんの手で簡単に対処できます。

トラブルのタイプ 1
曲を演奏していると「ピチッ!」と鋭く弾く大きな音が響いて一瞬血が凍ったたという場合。金具の固定ネジ(演奏者に近いほう)が緩んで、金具が左か右に少し振れだし、隣の鍵の金属部品と触れ合ったのが原因です。金具をまっすぐに直して固定ネジを締め直せば問題解決します。

トラブルのタイプ 2
曲を演奏していると「ペン!」という不快な金属音が聞えたという場合。音の大きさや鋭さは前項のタイプに比べると穏やかですが、それでも不快度が高いものです。これはもう1本の、金具を浮かしているほうのネジの頭が中途半端に金具に触れているためにおこります。鍵が演奏で急速に動かされる・・・先端の磁石が振られる・・・金具の浮いている部分と、それを抑えている木ネジの頭が互いに当たって音が出る、というわけです。対策としてはまず固定ネジの緩みがないことを確認し、その上で、次に調節ネジのほうを少しだけ締め込んでみます。締めるに従って磁石の位置が下がっていき、周囲の鍵と発音点が不揃いになりますから、やりすぎないように。

トラブルのタイプ 3
演奏中、鍵を離したのに下がったまま上がってこない、あるいは戻り方が渋くて、音が鳴り続けになりやすいという場合。たいていはここでなくて、演奏者に近い(プラスチックの鍵部品をつけてある)側の振れ止め、つまりフロント・ピンを湿気で膨張した鍵梃子が握りしめているのが原因ですが、稀にこちら側のネジの緩みが原因になっていることがあります。
もし金具を固定しているほうのネジが緩んだらどうなるか、画像をご覧になれば想像がつくでしょう。反発力の強い板バネ状の金具ですから、発音点調節用のネジに斜めになった部分を上から抑えられれば、向こうへ逃げていこうとします。金具のネジ穴が木ネジの太さとぴったり同じなら逃げる余地皆無ですが、穴のほうがすこし大きいので、その範囲内で逃げていきます。
その結果、磁石がマグネット・リード・スイッチに擦り寄っていって、ついには触れてしまいます。これが鍵の動きを止める、あるいは渋くする、もう一つの原因です。
このような状態になっていれば、直ちに金具を引き戻してネジを締め直し、磁石とリード・スイッチの間隔を元通り確保せねばなりません。そのまま弾いていると、磁石がリード・スイッチを擦ったり叩いたりするため、リード・スイッチのガラス管にヒビが入り、それと同時にリード・スイッチが働かなくなります。鍵を押しても鳴らなくなるのが普通です。壊したらハイ、ソレマデヨなのです!このタイプのトラブルにかぎり、待ったなしの対処が必要であること、ご理解いただけましたか?
なお、たとえば明日コンサートを開くのにリード・スイッチを割ってしまった、もう今からでは技術者を呼んでも間に合わないという場合は、「部品取り」という手で応急処置する手が考えられます。カニバリズム、共食いともいいます。電子オルガンの手鍵盤は5オクターヴ音域でC6鍵まであるのが普通ですが、パイプ・オルガンはたいてい4オクターヴ半か、それを僅かに上回る程度ですから、コンサートでも「絶対にこの鍵は使わない」のが最高音域に何本もあるはず。その音域から遊んでいるリード・スイッチを借りて、交換部品として使うわけです。


相談室に戻る           HOME