ひとくちメモ 28
頭隠して尻隠さず

デジタル音源を持つ教会オルガンで点検を怠ってはならないところは「電池の状態」、それに尽きると申し上げてきているのですが、それでも電池の劣化、液漏れによるトラブルがあとを絶ちません。

最近のサービス・コール、あるいは点検時の発見で増えているのが、「楽器によっては複数の電池が使われている」のを忘れて、あるいは知らずに、おられたケースです。

米国ALLEN社の楽器の中には(機種によって)複数の充電池を持っているものがあります。ストップ(音栓)の組み合わせを記憶させておく回路基板が1枚では足りなくて2枚使われている機種、あるいはパンチ・カードを挿入することで楽器に無いストップ(音栓)を臨時に追加できるようにした「カード・リーダー」を備える機種の一部です。

ドイツのAHLBORN社のHYMNIUSシリーズ、ORGANUMシリーズ、PRAELUDIUMシリーズには無線リモコンが添付されていて、そのリモコン送信機の中に006P積層電池が入っています。リモコンがついてくるのは、もちろんそれを使いたい場面があるからですが、多くのユーザーさんが使わずに放置しておられます。いざというときにリモコンのボタンを押しても反応がない! リモコンの蓋を開けてみると電池スナップが腐食していて、一目で使いものにならなくなっているとわかります。腐食した電池スナップの交換だけで直れば幸運なほうです。まずい場合はリモコン内部の回路基板も働かなくなっていて、修理費用がかさみます。

「どうせ使っていない部分なのだから、いいじゃないですか。放っておいてください」とおっしゃる方もいらっしゃるのですが、問題はそう簡単でありません。たとえばリモコンを使うAHLBORN社のHYMNUSシリーズなら、楽器本体のバックアップ電池をおいそれと交換できなくなります。リモコンとフロッピーディスク・ドライブが健在なら、オルガンの現在の状態をすべてフロッピーに書き出しておいて、電池交換後データを流し込み、数十秒で元の状態を復元することができます。しかしリモコンが働かないと、フロッピーディスク・ドライブを動かすことができず、フロッピーを使って簡単にデータの保存、復元をすることができないばかりか、おそろしく手間のかかる手作業を覚悟してみてもアクセス手段を欠くために調整、設定やりなおしができなくなるということなのです。

楽器を所有あるいは管理しておられる方は、ご自分の楽器に電池が幾つ使われていて、それがどこどこにあるか、しっかり把握し、点検を怠らないようにして下さい。電池以外のところは「何か問題がおこっていることに気づいたら相談する、あるいはサービスを呼ぶ」で十分です。

相談室に戻る           HOME