ひとくちメモ 29
要らないものと思ったが

1990年代から、アールボーン社(ドイツ)のオルガンの多くのモデルに専用の無線リモコンが添付されるようになっています。見たところはテレビなどのリモコンとよく似たものです。

何に使うもの? ・・ 楽器の裏板などを開くことなく、デジタル音源装置にアクセスして、その設定や調整を変えたり、内蔵ディスク・ドライブを操作したりするものです。

大半のお客様は専用リモコンと、リモコンの取扱説明書をお渡しすると、「ええっ!」という顔をされます。次に、「こんなの、私には使いこなせそうにないわ」、「べつに、これを使わなくても弾けるのでしょう?」とおっしゃいます。たしかにリモコンを使わなくても全然不自由なく演奏できます。リモコンは「こんなこともできたらいいな」というオルガニストのまさかの夢、高望みに応える役目をするもので、「なーに、今のままで十分満足」なら特に持ち出す必要がないのです。

そのためリモコンは冷淡な扱いを受けがちです。教会の事務所に置きっぱなし。棚かベンチの中に楽譜などと一緒に突っ込んである。もっとひどい場合は楽譜の山の下敷きになっているとか、「失くしてしまったみたい」とか、「うっかり踏んで潰してしまった」とか。楽器の横に保管されていたものの、電池蓋を開けてみたら液漏れでスナップ腐食、回路基板故障というのもあります。

皆さん、「あはは、どうせ使いませんから、いいんですよ」で済まそうとされるのですが―。

HYMNUSと名づけられたシリーズのモデルは内蔵ディスク・ドライブをリモコンのボタンを押して操作します。納入後年数が経って、楽器本体に入っているバックアップ充電池を交換しなければならなくなったとき、楽器にどのような設定や調整がなされているかをまずフロッピーに書き込んでおき、それから電池交換にかかります。電池交換作業のために楽器の中を「停電」させると、データが失われてしまいます。それで、交換後にフロッピーからデータを送り返して、元の状態にするわけです。

リモコンが使えないとディスク・ドライブが動かず、データの移し替えができません。「面倒を厭わずに、もう一度細かい調整作業をしてやる!」と悲壮な決意を固めてみても、リモコンを使ってその調整をするようになっているのですから、結局立ち往生します。

のちに現れたORGANUM、PRAELUDIUMシリーズならオルガン本体のボタンを使ってでもディスク・ドライブを操作できますから、データの移し替えについては問題ありませんが、だからリモコン不要ということにはなりません。オルガンの動作設定を変更したい場合に、リモコンからでないとコマンドを出せない項目が幾つもあるからです。

お使いになるオルガンにリモコンが添付されているが、いまは使わないという場合、006P積層電池をリモコンから抜いて液漏れの危険を除いた上で、大切に保管しておいて下さい。

相談室に戻る           HOME