ひとくちメモ 3
電子オルガンの寿命は?

高価な買い物ですから、どのくらいの寿命を見込んだらいいかと、よく訊かれます。アメリカやヨーロッパの製品はメーカーが補修部品を保有している期間が長くて、10年、20年経ったからといって部品の入手に困るようなことはめったにありません。輸入代理店が変わっていても、なくなっていても、この頃ではメーカーのホームページを検索して、電子メールでメーカーと直接連絡を取ることができますから安心です。
補修部品さえ手に入るなら修理できますから、楽器の機械的寿命は尽きていないということができます。

しかし部品の磨耗によるガタや全般的な劣化は避けることができませんし、アナログ音源なら音程が調整範囲の外に飛び出していることがあります。後者は回路部品の経時変化が原因なので、コンデンサーなどの部品を交換すれば再び調整範囲内に戻すことができますが、構造によっては作業におそろしく手間がかかり、それだけに修理費が高くなります。

電子オルガンの技術は日進月歩。音源コンピューターがどんどん高性能化するので、それにつれて楽器の音が良くなると、古い楽器との差が目立ってきます。自分の使っている楽器が聞き劣りするのがいよいよ我慢できなくなると、それが「寿命」という考え方もあるでしょう。

「修理できるか、できないか」に左右される意味での寿命については、メーカーや代理店がどのように対処しようとするかによって違ったシナリオに発展することがあります。実際にあった例をひとつご紹介します。
メインアンプ(増幅回路)に真空管を使用している古い電子オルガンの修理を手がけたときのことです。楽器を調べると出力真空管の1本が切れていました。補修部品がいつまでもあることを謳っているメーカーの製品でしたから、早速連絡してその真空管を取寄せようとしたところ、「真空管はもう無い。そのかわり機能を回復できるようにトランジスター・アンプを作っているから、購入して付け替えるように」という返事が来ました。そのとおりにするなら高価なメインアンプを買わなくてはならず、取寄せに日数も要するので、ユーザーさんは簡単にOKされません。
困って東京の技師に相談したところ、「その真空管、秋葉原で売ってましたよ」と簡単に手に入れてくれました。
このケース、もしユーザーさんが「十万円以上もかけてまで修理する気はない」と突っぱね、「でも他に方法はありませんよ」と対応していれば、その楽器はそこで修理不能に陥り、寿命が尽きたことになります。
「高いなあ。でも壊れたままでは困るし」と言われて、メーカーの指示どおりの修理をしていれば、メーカーは「補修部品はいつまでも供給します」という約束を守ったことになったでしょう。直るには直ったが、高くついたなあ、年数を経ると大変だなあ、という話になります。
実際には僅か4千円ほどの金額で真空管が手に入り、簡単に直りました。
ちょっとした努力があるか無いかで、「寿命」がこんなにも違ってくることがある、というお話でした。

相談室に戻る          HOME