ひとくちメモ 30
ランプ表示式のストップ


教会堂の建築がどんどん「現代風」に変わってきていることが、時に思いがけないかたちでオルガンに影を落とすというお話を一席。

オルガンのストップ(音栓)というと、大半の方が握り棒を引き出したり押し込んだりするものを思い浮かべられます。リードオルガンにもついている、あれです。

ストップは発音体であるパイプあるいはリードへの風の通り道を開くか閉じるかを選ぶ装置なので、いわばONかOFFだけ。その中間段階を微妙に選んで音楽表現に利用するということは無いのですから、電子オルガンでは単純に電気スイッチに置き換えることができます。

機能さえしっかりしていればいい、という考え方に徹するなら、ストップ・スイッチがONになっているのかOFFになっているのか演奏者に知らせるには、ランプを点灯させればいいことです。「そこまでケチケチ考えなくても」という声も出るでしょうが、それは色々なストップの組み合わせをあらかじめ楽器に記憶させておいて必要な場面で呼び出し、音色や音強度を一瞬のうちに変える「フリー・コンビネーション」という演奏補助装置を組み込むさいに、大きな利点になります。

もしもランプ表示式を嫌って、ストップ・スイッチが透明人間に操作されたかのごとく動くように作るとすると、その仕掛けが大掛かりかつ複雑になり、部品点数の増加、組立調整の労力増加で値段が跳ね上がるのです。作るときだけでなく、修理のときにも手数がかかりますから、そのぶん高くつきます。電子オルガンでは高級機種や特注品に採用されますが、多くの機種がランプ表示式を選びます。構造が簡単で量産しやすく、動作は確実、修理も概して簡単、価格を低く抑えられます。

という次第でランプ表示式の楽器が広まっているのですが、さてここからが「現代風」教会建築との関係です。
「現代風」教会建築の大半は採光を良くしてあって礼拝堂の中が明るく、季節と時間帯によってはオルガン演奏台周辺に光が入りすぎてストップ照明ランプの点灯/消灯がわかりづらいという問題が時々浮上するようになりました。せっかく明るく設計された礼拝堂での礼拝なのに、部分的にカーテンを引かざるをえないということがおこります。時間帯によっては天窓から射し込む陽光のためにストップの作動状態がほとんど読み取れなくなるという教会もあります。昼間でも薄暗い楽廊を前提にしてきたオルガンは、まさかの環境への順応も考えねばならなくなりました。

相談室に戻る           HOME