ひとくちメモ 31
そっと、やさしく


修理に行くと、「使い方が悪いのでしょうか?」と、よく問われます。
たいていのケースでは、答えはNO、「これは偶発的な災難に見舞われただけですよ」と申し上げるのですが、稀ながらそう思えない場合があります。

操作に力を込めすぎてスイッチ部品等の寿命を縮めておられるケースです。演奏者がどこかのパイプ・オルガンと全く区別せずに扱っておられると、これがおこります。

巨大な飛行機が一人のパイロットの力で操縦されて飛んでいることを思い出して下さい。強力な油圧システムの助けがあるので、操縦装置は軽く動き、家電製品と変わらない小さなスイッチ類ですんでいます。
「いや、それでは巨人機を操縦している実感がわかない」と顔を真っ赤にして操縦輪と格闘し、力まかせにスイッチ類を押すようなことはしません。 

10万トンもの巨大な豪華客船やタンカーを動かすのが小さな舵輪。・・軽自動車のハンドルのほうが、よっぽど大きくない? 海賊シルバー船長やネルソン提督の時代の舵輪のほうがはるかに大きかった・・。

さてオルガンはどうなっているでしょう。21世紀の現在でも、機械式アクションを備えたパイプ・オルガンは鍵盤を押した指の力でパイプの弁を開閉し、音栓機構もノブを引き出したり押し込んだり、人力で操作します。パワー・ステアリングと油圧ブレーキがついていない自動車のようなものです。
わずかな力で演奏操作ができる「倍力装置」は無論古くからいろいろ考案されており、それを全面的あるいは部分的に採用している楽器もありますが、それが当然とされないのは、間にメカが入って動作する仕掛けでは微妙な演奏ニュアンスが正確に伝わらず、音楽に反映されない、という主張が強くあるためです。

顔を真っ赤にして大きなレンチでナットを締めつけていた工員さんが、勤務を終えて恋人のもとに駆けて行く。
「会いたかった!」と渾身の力で肩を抱きますか?  そっと、やさしく、でしょ?

相手を見て力加減しないと。

 
相談室に戻る           HOME