ひとくちメモ 4   
日常の楽器取扱における注意事項

楽器を手に入れたとき、まず説明書の隅々にまで目を通し、それから初めて楽器に手を触れるという方には出会ったことがありません。説明書はひとしきり弾きまくってからか、あるいは最後まで読まずに・・ということになりがちです。
しかし、説明書の記事を読んだときには既に手遅れだった、しまった!ということも稀ながらあるので、ここで再説いたします。

楽器の上に消しゴムを置いていると、塗料と化学反応をおこして固着してしまうことがあります。払い落とした消しゴム滓も同様で、無理に剥がすと、まるで接着剤がそこに落ちて固まってしまったかのように、でこぼこの醜い痕が残ります。これはあるメーカーの製品によくみられます。塗料の違いによるのでしょうか。くっついてしまってからでは手遅れなので、どのメーカーでも念のため、消しゴムを楽器やベンチの上にじかに置かないようにご注意下さい。
譜面台の上で楽譜への書き込みを消しゴムでごしごし、滓をパッパッというのは、ますますいけません。落ちた滓があちこちで固着するおそれがあり、その心配が少ない楽器であったとしても、鍵盤の隙間から内部に落ち込みます。楽器内部にゴミを溜め込めば、溜め込まないよりリスクが高まるのは当然です。

直射日光によって外装の色が褪せ、ひどい場合にはニスがボロボロに剥がれてくることがあります。夏の太陽が射し込むところに楽器を置いておられるなら、あっと気づいたときには既に遅いので、今のところは何もないようでも、カーテンあるいはカバーで保護することをお考え下さい。

鍵盤やストップがプラスチック製の楽器では、汚れがたまらないうちに時々清掃なさって下さい。汚れ放題で放置されている楽器は、清掃してもなかなか綺麗にならず、ときには原因が何かわからないままに鍵盤上面に痣のようなものを作ってしまっていることがあります。毛足が長くてやわらかい静電ブラシを日常的に使うように心がければ、楽器を良い状態に保てます。

相談室に戻る          HOME