ひとくちメモ 5  
自分で直せるペダル鍵の緩み


電子オルガンのペダル鍵は、鍵の後端に付けられた板バネを介してフレームに固定されています。鍵を踏むとその板バネが曲がることで鍵が下がり、離すと板バネの弾力で戻る、それだけのものですが、強い力がかかる場所なので、徐々に止めネジが緩んできます。緩みすぎると、離した鍵が離したあとにポカポカと上下動を繰り返して勝手にスタッカート音符を演奏してくれるようになるので、そうなる前に時々ネジの緩みを点検し、必要なら増し締めしましょう。

点検は簡単です。ペダル鍵を1本ずつ踏んで、離して、様子を観察するのです。鍵の動きが一度でぴたりと止まらないようなら、緩んでいます。鍵の後端部分をカバーしている箱を開きましょう。「コンケーヴ」(中凹)といって、左右がやや高く盛り上がるように鍵を並べたペダルでは、両端のネジから抜き始め、それから順に中央のほうへと移るようにして下さい。扁平ペダルなら、この注意は不要です。
開けてみると各鍵にネジが2本ずつあるでしょう。1本は鍵を定位置に固定するのが主な役目、もう1本が板バネを押さえつけて弾力を発生させる役目です。まさか、実物を見ながら「どちらがどちら?」と訊く方はいらっしゃらないでしょうね。
前者はとにかく単純に固く締まっていればよろしい。後者は二度打ち、三度打ちする鍵についてだけ締めていきます。正常と思う鍵を手で押してみて抵抗感がどのくらいかを覚え、今度は緩んだ鍵について大体同じくらいの抵抗感になるまで、ネジを締めこんでいけばいいのです。足は手の指ほど感覚が鋭くないので、鍵ごとに多少反発力の差があるかもれしれないという程度なら、演奏のときに気になることはありません。
ぴったり合わないドライバーを使うと、滑ってネジの頭を傷めてしまい、ひどい場合には回すことができなくなります。ドライバーがちゃんと合っているかどうかを確かめるには、ドライバーを当て、力を入れずに左右に回そうとしてみます。それでドライバーがネジの頭から押し返されてくる感じなら、そのドライバーは大きすぎ。反対にカタカタとあそびを感じるようなら小さすぎです。
右の写真はペダル後端部分のカバーを開いたところで、上側のネジが位置固定用、下側ネジが板バネの張りの強さを調整するものです。

ちなみに、この楽器は板バネが綺麗ですが、湿気が多いところに置かれている楽器では、下の写真のように錆だらけになっていることがあります。経過年数はじつは見た目の逆。錆が出ているほうが10年ほど新しいのです。同じメーカー、同じ品質の製品でも、設置環境の影響がこのようにあらわれます。
板バネの上に埃がたくさん溜まっていると、ますます錆が出やすくなります。埃の溜まり具合は楽器が置かれた環境に左右されるようで、設置後の経過年数が同じでも、ずいぶん違ってきます。
時たまカバーを開けて中の埃を具合を目視点検し、ひどいようなら掃除機で吸い取ることを心がけて下さい。
さて板バネの増し締めで緩んだ感じが抜けきらない時は、ペダル全体をオルガンから離して引き起こしてみましょう。鍵に板バネを取り付けているネジあるいはボルトが鍵の下面に見えます。これも同じように緩んでいたら締めるわけですが、ポピュラー音楽用の楽器を作っていたメーカーの中には、ここに小さなネジを使っていて、強く締めるとたちまちバカになるのがありました。締める前に観察して、無理をしないようにご注意下さい。

メーカーによっては、鍵の先端近く、黒鍵の裏あたりに太い針金のバネを別に加えているペダルがありますが、それは調整不要です。このバネの働きについては、いずれ項をあらためてご紹介することにしましょう。

最後に、板バネが並んでいる部分にカバーを取り付ければおしまいですが、止めネジはまず中央に1本、穴にネジの先を丁寧に合わせて入れるところから始めて下さい。どのネジも自然に元の穴に入ったことを確認してから、中央から両端に向かう順序で本締めします。手ごたえがおかしいと思う時はいったん撤退。そのまま無理にねじこんでいくと、とんでもないところに新しい穴を作ってしまう失敗につながります。


相談室に戻る          HOME