ひとくちメモ 6    
外装の軽い擦り傷は自分で直せるかも


楽譜を綴じていたホチキス針で軽く引っ掻いてしまったとか、服のボタンで横腹を擦ってしまったとかで、ごく軽い擦り傷をつけてしまうことがありますが、外装の表面に本物の木を張ってある楽器であれば、素人にも簡単に、綺麗に直すことができます。
彫りこんでしまった傷、椅子などをブチ当てて作った打ち欠き傷は、もちろん素人の手におえるものでありませんが、今より目立たなくするくらいの成果なら期待できます。

日曜大工の店に足を運んで、その楽器の外装色と同じ系統の「オイルステイン」を買ってきます。塗料売り場でみつかるでしょう。わずかな量しか使わないので、小さな瓶があればむろんそれを選びます。他に必要なものはボロ布と使い捨て手袋です。素手で扱うと指先と爪の間にしみこんだオイルステインの刺激で、チクッと強い痛みを感じることがあります。特に気をつけるべきは、瓶のポリエチレン中蓋を外す時です。そのとき爪を立てるので、爪の下に入り込みやすいのです。

ボロ布を瓶の口に当てて倒し、きわめて少量のオイルステインをボロ布に染み込ませます。ボロ布を見て、「あ、たしかに少しついた」くらいにとどめましょう。それで擦り傷の上をささっ!と素早く撫で、直後に乾いたボロ布で一帯を拭き取ります。量が僅かですから、たちまち乾きます。それで色を見て、まだ足りないようなら、再度ささっ! すぐ拭き取る、これを繰り返します。急ぐあまり量を増やした上に半分乾いた状態のときに拭き取りをやると、ボロ布の繊維屑が傷の周辺について、そのまま固まってしまうおそれがあります。
また毎回きっちり同じ範囲で繰り返すと、次第にその範囲の縁が見えてきてしまうので、あるときは広めに、あるときは狭く、つまり「ワンパターン」を避ける心がけも必要です。

だいじなのは最初薄くして様子を見、徐々に必要な濃さにまで進めていくことです。ボロ布にオイルステインをたっぷり含ませて傷を撫でると、傷の状態によってはそこに一度に染み込んで濃すぎになり、黒っぽい大きなホクロの出現と相成ります。そのホクロをいったん作ってしまうと、素人の手では元に戻せません。

お尻の下にシャープペンシルを敷いてベンチに作った彫りこみ傷とか、家具などを当てて作った打ち欠き傷とかにオイルステインを染み込ませると、いきなり濃く染まります。白っぽい地肌が出ているよりは黒いホクロのほうが目立たない、とはいえますが、これは外装修理のプロの出番です。

大阪近辺では外装修理の名人として、森田ピアノ工芸社(072-719-0301)の豊福氏の名前が鳴り響いています。何度かその修理の腕前を見せていただく機会がありましたが、修理の痕跡さえ残らない仕上がりといい手早さといい、まるで魔法のようでした。


相談室に戻る          HOME