ひとくちメモ 7
声を潰したオルガン


ひどい風邪でもひいたように、オルガンが声を潰してしまったという症例があります。アンプ(増幅回路)の故障、音声信号を通しているコネクターの接触不良などによることもありますが、年数やモデル名などをうかがって「もしや・・」と疑うことがあるのは、スピーカーのエッジが駄目になっているケースです。スピーカーの振動板とフレーム(金属の丸い枠)の間は緩衝材でつながっていますが、その緩衝材がボロボロになって切れ始め、ついにはそっくり脱落してしまう例があります。年数を経ると、どの楽器も一様にそうなるものではなく、人間の病気に似て、何事もなく長く生きている楽器と、多少早めにこれを発病する楽器があるようです。

振動板の縁が切れて脱落してしまうと、振動板は支えを失って中心軸からずれます。すると中心部の奥についているヴォイスコイルという円筒部分が周囲と擦れあって雑音を出し、また縁の切れ目から空気が漏れるので、ひどいガスガス声を発します。
この場合の特徴として、手鍵盤の高音域はまあまあ正常な音か、あるいは歪むにしてもさほどひどくないのに、ペダルの16'低音を出そうとすると「がはー」、「ぶはぶはぶは」と悲惨そのものの音になる、というのがあります。このとき空気漏れのせいで、低音の響きが完全に失われています。

ウーハー(低音用の大口径スピーカー)なら、反対側から光を当ててみると、まるで「金環食」のように振動板の周りが光を通しますから、すぐ判定できますが、背面側全体を金属のカバーが覆っているトゥイーター(高音用スピーカー)は前から振動板を観察するしかありません。
また、さらに稀ながら、スピーカー・ユニットに老化以外の問題があって、まだ新しくて振動板の縁が切れていないにもかかわらず、声を潰す例があります。これは外見だけではわかりません。正常品とつなぎ変えて比較し、「やっぱり、こいつが原因だ」という判定をすることになります。
この場合の修理方法は、いずれもスピーカー・ユニットの交換です。 (写真は振動板の縁が破れて脱落したスピーカー・ユニットです)


相談室に戻る          HOME