ひとくちメモ 8 
鍵盤蛇腹蓋のたわみと傷

高級外装材の使用と洗練されたデザインを誇る、あるメーカーの楽器に特有の話ですが、多少の年数を経ると申し合わせたように、鍵盤蛇腹蓋を閉めたときに上面が大きく落ち込んだようにたわみ、また目立つ傷が出来ます。はて、これは?


鍵盤蛇腹蓋に厚みのある立派な木材を使っていて、自らの重みで次第に垂れ下がってくるのが上面の凹みの原因です。同じように木材を使っている楽器であっても、木を薄くしているメーカーのは重厚な感触に欠けるかわり、殆ど変形してきません。それ以上に、まったく凹む心配がないのは、皮肉なことに、もっとも「お手軽」で「ローコスト」に見える素材で出来ているものです。

次に傷はどうして出来るか? 楽器の天板は左右と背面は側板等の上に乗っているのですが、前面側は、その下に鍵盤蛇腹蓋を引き込むため、宙に浮いています。ずっとこの形で保持されていると、支えがないところは自重で下がってきます。そこに照明装置を仕込んだ譜面台を取り付けてあると、最も沈みやすいところに重石をつけるのに等しいことになって、よけいに垂れ下がりやすく、下を行き来する鍵盤蛇腹蓋との隙間がなくなってきます。

でも傷がいつも決まったところに出来るというのは? 天板を持ち上げてみるとわかりますが、譜面台照明に電気を送るコードが天板の下を這っていて、天板が下がってくると、コードあるいはコードを固定しているビニール・タイが鍵盤蛇腹蓋を擦るようになるからです。だからコードと接触する部分だけが真っ先にやられるのです。鍵盤蛇腹蓋も同じように垂れ下がってくるなら、互いの間隔は維持されるのではないかって? 何もなければそのとおりになるはずですが、現実は違います。蛇腹蓋の中央部分が垂れ下がったままでは楽器内に引き込むときにひっかかるので、天板の下を潜るときにはまっすぐに支えるように作られていて、逃げられないのです。

天板を少し持ち上げてみたところ。

左は照明付き譜面台の底面です。


対策は原因を取り除くことに尽きます。天板の前辺に補強桟を付ける、譜面台をなるべく軽くする、天板の下にコードを這わせないといったことですが、それは大なり小なり「見た目」に影響を与えます。むずかしいところです。

「噂話のタネにされているらしい」と悩む人がいると、「あんた、それ、有名税やでェ」と慰めますが、それ流の考え方でいくと、蛇腹蓋の凹みや傷は「高級税」。海軍の軍人はスマートさを重んじて、雨の中でも傘をささずに歩くそうですよ。

                          相談室に戻る          HOME