ひとくちメモ 9    
エクスプレッション・ペダルのトラブル


パイプ・オルガンの世界ではシュヴェラーとかスウェル・ペダルとか呼んでいるものを、電子オルガンの世界ではたいていエクスプレッション・ペダルと言っています。いまの電子オルガンはさまざまな設定変更が可能で、常に特定の鍵盤のみの音量に関わるとはかぎらないので、そう呼ぶほうが安全なのです。

足の動きによって音量を変化させる方法として、電子オルガン界で一般的になっているのは、暗箱の中で豆ランプの光をセンサーに当て、その光の強さを踏み板の動きで変化させるものです。ランプの明るさは常に一定で、踏み板を操作するとセンサーとの間に(早い話が)暗幕が下ろされたり引き上げられたりするのだと思って下さい。センサーが受ける光の強さが変化すれば、それは電気抵抗の変化となり、それが電子回路に伝えられて音量変化になります。

ランプにかける電圧は低めにして寿命を長くするのですが、それでもたまに切れることがあります。するとセンサーには光がまったく届かなくなるので、むろん音量のコントロールができなくなります。その時、たいていの電子オルガンでは、音量が最大、つまり踏み板をいっぱいに踏み込んだ時の音量で固定になるように作ってあります。音量のコントロールがまったく効かなくなったという時、その原因はたいてい豆ランプの断線です。むろんそれを交換すれば直ります。

それと別に、特定のメーカーに稀におこる症状があります。それは演奏者が何も操作していないのに、音がいきなり大きくなったり小さくなったりするというものです。その原因はランプ・ソケットの取り付け部分の、独特の構造にあります。
熱による膨張収縮を考慮してか、ソケット部品は金属板にあけた穴に突き通してあり、ネジ等によって固定されていません。大イカが沈没船の丸い舷窓を通り抜けようとしてつかえてしまったような形で止まっているのです。イカの胴が十分に太く、弾力に富んでいれば舷窓との電気的接触は確実なものになりますが、実際は弾力がほとんどない金属素材で出来ているので、ともすれば接触不良をおこします。機械的な接触に頼らずにすむように別に電線で結んでおけば心配せずにすむのですが、そのようには作られていません。それで、演奏中の振動の影響で接触が急に良くなったり悪くなったりするとランプの明るさがふらつき、センサーがそれを真っ正直に音量の変化につなげてくれるという図式で、このトラブルがおこります。さしあたっての対処方法は、イカの胴にあたる部分をドライバーなどで広げ、穴にできるだけ強くつかえるようにしてやることです。

相談室に戻る          HOME