今度は「アートスペースかおる」から直接にでなく、東に1km足らず(時間にして約10分)行ったあたりから山に入るコースをご紹介します。散歩にしては、ややハードなコースで、歩き方や休み方にもよりますが、2時間半くらいかかるつもりでお出かけ下さい。。

地図を見ると登り口がわかりにくそうな印象を受けますが、住宅地の北端をあてずっぽうに歩いても簡単にみつかります。
どうしても地図を見ないと不安に思われるかたは、地図検索サイトでハンター邸跡「神戸市中央区北野町3丁目15-8」を表示させてご覧下さい。そこから山に入る道が伸びているでしょう。

現場に立つと、山に入る道は写真のようになっています。長−い直線路の先という大きな特徴があるので、他と見間違えることはありません。
この直線路の先で、いきなり急登が始まります。しかも冬場だと落ち葉が厚く積もっていて、ずるずる滑ります。靴底が「坊主タイヤ」状態なら、なおさらです。なにくそ、と気負いこむと早くバテてしまいます。
要所要所に土止めなのか人間止めなのか、丸太で階段を作ってありますが、それでも足元がさかんに滑ります。ずるっ!でバランスを崩した時に思わず手をつくと手首を痛めたりしかねませんから、慎重に。万一に備えて身体をほぐしておく必要があります。

振り返ってみて、下界の様子が見えそうな気配になってきたら、もうだいぶ登ってきたということです。傾斜がすこし緩くなってきたのを感じます。















そうら、出た! 市街地が見えだしました。見え方から、この時点で既にかなり高いところまで一気にやってきたとわかります。


さらにもうひと踏ん張り。登り始めてから30分も経つ頃になると傾斜がますます緩やかになり、頭上が明るくなって、丘の上を散歩しているような感じになります。もうすぐ稜線に出ます。






稜線に出ました。木のベンチが置いてあって、爽やかな空気を味わいながら休憩できます。

さて、腰を上げたら、道なりに西方向に向かい、目の前に聳える(ちょっと大げさか・・)山に登っていきます。この登りは僅かで、すぐにまた大きな木のベンチがあるところに到着。名無し(らしい)山の肩です。

さ、ニコニコとポーズをとり終えたら先に行くことにしましょうか。
このすぐ先で、二本松林道方面はあっち、城山はこっち、という道標にぶつかります。今回は城山のほうへ向かいます。道は名無し山の北側を回って、下り気味に城山へと続き、進行方向はいつの間にか東へと変わっています。

こちらの道は清掃奉仕して下さる方々がいらっしゃるとみえて、道が掃き清められています。落ち葉がないばかりか、場所によっては箒目が残ってさえいました。

下りの連続で膝が笑いださないかと心配になりかけたところで、道がちょっとだけ登りに転ずると、、「瀧山城址」の石碑が立っているところに出ます。
瀧山城の歴史について、インターネットで調べてようやく得たばかりの知識を、知ったかぶりで披露するのは憚られます。ご自身で早速検索をかけてみて下さい。たくさんヒットします。


城山を過ぎて新神戸駅方面へと、だらだら下っていく道です。ご覧のとおり、きれいに清掃されています。どなた様かぞんじませんが、ありがとうございます。

ところどころに(清掃されているにもかかわらず)滑りやすいところがありますから、油断はできません。ところでこの写真は巨大イカが船を襲っているところです、なんちゃって。











木の根っこに注意。よそ見しながら歩いてきて、こういうのにうっかり足先を突っ込むと、転倒、足首捻挫を免れません。最近は山道の整備が行き届いてきたのか、めったに見かけなくなりましたが、この日はここで一つ発見。くわばら、くわばら。

新神戸駅脇と世継山のハーブ園を結ぶロープウェイの下をくぐると、いよいよ高度が下がり、布引公園や新神戸駅に近づきます。











人間界に帰ってきました。ここは新神戸駅のすぐ裏で、矢印方向に進めば駅、反対に進めば布引の滝です。

                                              
冬の間は今回ご紹介したコースを逆に歩くのはおすすめできません。帰りに、落ち葉がたくさん積もっている急坂を下ることになるからです。靴底が滑りにくいパターンを刻んでいたとしても、厚く積もった落ち葉には効き目がありません。ずるっ、すってーん、ずるっ、ずるっ、すってーん、の連続で、腰を強打、頭を強打。生きて帰れないかもしれませんよ。

最後に、余計なことながら、新神戸駅に隣接するモールの4階、「かつ屋」でお昼を食べました。大変安くておいしく、味噌汁やごはんのおかわり自由、その上昼食時間帯は禁煙。推薦します。
散歩案内センターに戻る            HOME