お天気の良い日なら、いちど「アートスペースかおる」 の裏手に足をのばしてごらんになりませんか? ぐるりと敷地を回りきったところから雰囲気が一変し、山の中の遊歩道になります。
街中用の靴で安全に歩けますが、いきなり胸を満たしてくる木々の香りに興奮して思わず我を忘れるとコケます。油断は禁物。

すぐ左手に見えてくるのは動物園跡を利用した子供の遊園地です。昔はこんなところに動物園があったのですが、ごぞんじでした? 
何よりも入園無料というのがいい! いろいろな遊具がありますが、中でも大人が怖がる長ーい滑り台が子供にウケています。

わずか1分の歩きで諏訪山公園「金星台」に到着。石碑の建つミニ・サイズの丘、諏訪神社、無料休憩所、広場、トイレ、さらに上へ登る道、いろいろあって、さあ、どちらに行こうかと迷ってしまいます。
石碑が建つミニ丘の脇を抜けて南のほうに出てみると、そこは広場。金星台のいわれを記したプレートがあります。なんでも明治7年、金星が太陽面を通過するのを、フランス人のジャンセン氏らがここで観測したとか。
金星台に隣接する諏訪神社。拝殿の左脇から奥に進むと、小さな祠が新興住宅地のように、たくさん並んでいます。
今度は先ほどの分かれ道から上へ登ってみましょう。青壮年のスタスタ歩きなら5分、足腰ガクガクの老人なら15分で山上の展望台に到着します。ここまで来て味わう大気感、開放感は最高です。展望台へは曲がりくねった歩道橋「ヴィーナス・ブリッジ」を通って上がるようになっています。ヴィーナス→ミロのヴィーナス→曲線美→?というふうに連想しましたか? ヴィーナス=金星、つまりこれも金星観測の故事にちなんだネーミングなのだそうです。山のてっぺんに歩道橋とは妙な話ですが、ここでハイキング道が再度山ドライブウェイと交差するので、事故防止と見晴台を兼ねて、こんなものが作られているのです。四季を通じて周囲の緑とけっして溶け合うことのない不思議な緑色に塗られているのも、特記すべき特徴というべきでしょうか。展望台に着くと、そこにはフランス料理店、それに大きな双眼鏡が3基あります。双眼鏡は無料で覗けます。(料金箱が付いているから有料と早合点しないこと)
鉄パイプとスチール・ワイヤで出来たモニュメントみたいなものに南京錠が鈴なりになっています。これは最初から南京錠を付けてもらおうと作られたものなのです。
以前、誰が始めたのか、若いカップルが愛の約束のしるしにと、名前や言葉を書きつけた南京錠をヴィーナス・ブリッジに付けることが流行し、それでヴィーナス・ブリッジのいたるところに錠前がぶら下がっていました。
そこに来たのがのヴィーナス・ブリッジの塗り替え工事。一緒に塗りつぶすわけにいかず、さりとて愛のしるしを勝手に切断して万一にも不幸をもたらすようなことがあると可哀想、というわけで、展望台に専用の取り付け場所を新設し、そこへ移すように呼びかけたという、微笑ましい経緯があります。お役所の粋な計らいです。
あとで時計を見ると1時間もかけていない短い散歩なのに、本格的なハイキングに行ってきたような満足を味わえます。
散歩案内センターに戻る               HOME